COLUMN

コラム

COLUMN

ランニングやウォーキングだけで痩せることができるのか?

タグ
トレーニング有酸素運動ダイエット

さて、今日はランニングと
ウォーキングについてのお話し。

 

スポーツジムには必ず置いてあるアイツ…

 

ランニングマシン!

最近ではテレビなんかも
付いて
ドラマを見ながら有酸素運動〜♪

 

・・・とても優雅です笑

 

うちのジムにも巨大スクリーンが付いて
映画を流しながらパーソナルトレーニング
、、、
できません・・・!

 

①そもそも有酸素運動しかやらない人が多い。

ジムに通っていたお客さまのお話を聞いていると、
ランニングマシンやエアロバイクといった
有酸素運動しかやらない人が多い!

 

なぜなら筋トレよりも
動きが単純でとっかかりやすい!

 

運動初心者のかたでも
長時間トレーニングでき、

 

『今日ワタシ、がんばった…!』

 

という満足感も得やすい!

 

しかし、それだけで果たして
痩せる
ことができるのでしょうか?

 

そこで、今回はランニング(ウォーキング)の
メリットとデメリットをあげていきます。

 

②有酸素運動のメリット・デメリット

●ランニング(ウォーキング)のメリット

 

・脂肪をエネルギーとして
 消費できるので痩せる

・摂取カロリーを
 消費するので痩せる

 

●ランニング(ウォーキング)のデメリット

 

・筋肉もエネルギーとして
 消費するので筋肉量も減る

 

・・・

・・・

・・・

 

あれ?

 

ランニングで痩せるならいいじゃん。
なんでダメなの?

 

そう思った方、、、

 

その通りです。

 

適度にランニングをするのは
私も強くおすすめします!

 

しかし、、、デメリットのところにある

 

『筋肉もエネルギーとして
消費するので筋肉量も減る』

 

こいつがなかなか厄介なんです…。

 

筋肉量が減るということは
「基礎代謝」というものも
下がってしまいます。

 

「基礎代謝」は何もしなくても
消費してくれるエネルギー。

 

筋肉が減るってことはそれだけ
基礎代謝が
落ちてしまう…。

 

つまり、リバウンドしやすい
身体になってしまいます。

 

一時的に痩せてもリバウンドしたら意味がない。

 

③有酸素運動と筋トレはどちらがダイエットに向いているのか?

私は必ず「筋トレ」とお答えします。

 

一時的に痩せるだけならともかく、
長期でキレイな痩せている体型を目指す場合、

 

リバウンドは絶対にNGです。

 

リバウンドの理由は大きく分けて2つ!

 

➀ダイエットのストレスで暴飲暴食に走る

②筋肉量が減ることで基礎代謝が大きく下がる

 

この2つの理由のうち、暴飲暴食は論外!

 

しかし、基礎代謝が大きく下がることは
かなり慎重に考えましょう。

 

女性はただでさえ筋肉量が少ないんです。

 

それが年齢が上がるにつれて
さらに筋肉量が減少することは
逃れられない現実。。。

 

自分では食事を抑えている
つもりでも
いつの間にか

 

摂取カロリー>消費カロリー

 

となっているのです。

 

④まとめ

なぜランニングよりも筋トレをすすめるのか。

 

それは筋トレを優先することで、
身体のなかの筋肉量を
増やすことができるからです。

 

体型をキレイに見せる意味でも、
基礎代謝をあげてリバウンド
しにくい身体
を作る意味でも、

 

まず最初は筋トレで筋肉量を増やしてから
ランニング(ウォーキング)で
脂肪を減らすのが非常に効果的!

 

U-STYLEでは筋トレと有酸素運動は
必ず両方メニューにとりいれます!

 

筋トレがわからない方や、有酸素運動が嫌いな人も!

 

『有酸素運動は一人だと心が折れそう…』

 

、、、なんて方には私が隣で一緒にやって付きそいます!

 

【筋トレと有酸素運動】

 

この二つをバランスよく、
そして理解しながら楽しく
追い込める環境が
ここにあります。

 

もうダイエットで悩むのはやめましょう。

 

今のカラダを作り出しているのはあなたです。

 

今すぐ行動して、理想のカラダを手に入れましょう!

 

お早めのご連絡お待ちしております。

 

 

【痩せたい!美しいカラダになりたい方おすすめコースはこちら】

 

 

【Beautiful Body Program】コースはこちら

 

【いつまでも健康的なカラダで元気でいたいあなたにおすすめのコースはこちら】

 

 

【Health Program 】コースはこちら

 

【初回体験コースイメージ動画】↓

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

CONTACT

ご予約・お問い合わせ

各店舗のホームページはこちら

LINEからご予約 ご予約・お問い合わせ
アンカー