COLUMN

コラム

COLUMN

間違った筋トレをしていませんか?!効果的に痩せるにはここから攻めろ!

タグ
トレーニングダイエット

どうも、UーSTYLE代表トレーナーの佐々木です!

 

 

・トレーニングを始めている人
・トレーニングをこれから始める人
・トレーニングを始めようか悩んでる人

 

 

そんなあなたに私からの勧めは・・・

 

 

痩せたいなら
まずは『大きな筋肉』から鍛えろ!

 

 

からだを鍛えると言っても
どこから鍛えれば良いか分からない!

 

 

初心者あるあるです。

 

 

でも、ご安心を。

 

 

私も最初は初心者でした!
誰でも最初は初心者です。

 

 

わからない事は経験者に
聞くのがてっとり早い!

 

 

私も初心者のころは
経験者から教わってました。

 

 

と、言うことで
今日はトレーニング初心者の方へ

 

①最初に鍛える筋肉とは?

そもそも『大きな筋肉』ってどこか
分かりますか?

 

 

・・・

 

 

ヒントは
『大きい・広い』です。笑

 

 

・・・

 

 

もう少しじらします笑

 

 

 

 

・・

 

 

・・・

 

 

はい!では答え合わせ!

 

 

筋肉に『大』とか『広』という
名称がついている部位が
大きい筋肉です!
(中には入ってない筋肉もありますが)

 

 

まず、上半身からいきます。

 

 

・僧帽筋
・大胸筋
・広背筋

 

 

この3カ所が上半身で
大きな筋肉になります。

 

 

トレーニングの種目は下記の通り。

 

 

・ベンチプレス(大胸筋)
・ラットプルダウン(僧帽筋・広背筋)
・デッドリフト(広背筋)

 

 

角度を変えたり、使う機材によって
種目はたくさんあります。

 

②下半身はどこから?

 

次に下半身!

 

 

・大腿四頭筋(太ももの前側)
・ハムストリングス群(太ももの後側)
・殿筋群(お尻の筋肉)

 

 

トレーニングの種目

 

 

・スクワット

 

 

下半身の場合はこの種目だけでも
上記の3部位が鍛えられます。

 

 

ちょっとお得な気分ですが・・・

 

 

下半身は上半身よりキツイ!
あるボディービルダーのコメントで
『脚のトレーニングは修行だと思え!』

 

 

なんてコメントも。

 

 

個人の感覚によって違いますが、
私も下半身の方がキツイと思います。

 

 

少し脱線しましたね。
本題に戻って・・・

 

 

③なぜ大きな筋肉から鍛えるか!?

 

それは簡単!!

 

 

大きな筋肉ほど多くの
エネルギーを必要とするから。

 

 

車や飛行機などでもそうですよね!

 

 

より大きいものの方が
より多くの燃料を必要とします。

 

 

人間のからだも同じ!

 

 

小さな筋肉を鍛えるよりも
大きな筋肉から鍛えた方が
消費エネルギーが増える。

 

 

つまり!

 

 

燃費の悪いからだにすればよい笑

 

 

食べても食べても消費してしまう。

 

 

つまり太らない!

 

 

燃費が悪いというと
イメージが悪いかもしれませんが。

 

 

仮に余分に摂取したエネルギーはどうなるか?

 

 

それは
あなたの脂肪になります。

 

 

ご経験があるかたもこちらは多いかと思います。

 

 

④まとめ

 

ダイエットにおいて必要なことは?

 

 

摂取エネルギーよりも
消費エネルギーを多くすること。

 

 

なんとなくダイエット。
なんとなくトレーニング。

 

 

これ一番ムダです。

 

 

場合によっては状態を
悪化させることも・・・

 

 

人間はほんとに弱い生き物。

 

 

自分一人では本当になかなかできない!

 

 

ならばプロのもとで始めましょう!

 

 

大事なのはあなたの覚悟と行動。

 

 

ご連絡お待ちしています。

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

CONTACT

ご予約・お問い合わせ

各店舗のホームページはこちら

LINEからご予約 ご予約・お問い合わせ
アンカー